寿限無のコブろぐ

ブログやるならJUGEM
龍門院
<< 来年1月 新たに「授業づくりJAPAN」が誕生します。 | main | 憲法は、外国籍の人間が日本の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動をすることは保障していない >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    日本が『無条件降伏』などするわけがない なぜ、教科書にポツダム宣言全文が掲載されないか?
    0
      【KSM】日本が『無条件降伏』などするわけがない なぜ、教科書にポツダム宣言全文が掲載されないか?
      : http://youtu.be/RYwDRJ_Hgw0


      【KSM】小野田寛郎氏 天皇陛下の大東亜戦争開戦の詔書を読めば侵略戦争ではないことは明白。
      : http://youtu.be/CT4PhgUISkg

      2014/02/07 に公開
      小野田 寛郎(おのだ ひろお、1922年(大正11年)3月19日 - )は、
      日本の陸軍軍人。 階級は陸軍少尉で情報将校だった。陸軍中野学校二俣分校卒。大東亜戦争終結から 29年目にしてフィリピンルバング島から帰還を果たす

      日本は侵略を目的として戦争を行った事など有りません。自存自衛の為に戦ったのです。
      終戦後の昭和26年5月3日、米国上院軍事外交共同委員会の場で、GHQ最高司令官を解任されたダグラス・マッカーサーは「〜(省略)したがって、彼ら(日本)が戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」と証言しています。さまざまな見解が有るでしょう。とにかく自分自身で調べてみてください

      開戦の詔書: http://youtu.be/txRGzM1rQiY


      第二次世界大戦 大東亜戦争 太平洋戦線 昭和天皇の米国及び英国に対する宣戦(開戦)の詔書
      : http://youtu.be/g_Caw7eJkyQ?list=PLmTiUxCWs5lwDCrdTxprZWABLYk_55qV


      太平洋戦争開戦ラジオ放送: http://youtu.be/r4xKhHfLB0s


      【加瀬英明】アメリカはなぜ対日戦争を仕掛けたのか[桜H23/12/5]: http://youtu.be/b4Y7Y62x9go

      近年、外交機密が解除され、日米開戦に関する真相が明らかになってきた。
      従前から定説とされてきた「日本の不意撃ち」は、実はアメリカの外交戦略に嵌められたものであり、
      ルーズベルト大統領を始めとする対日強硬派の強かな外交戦略の勝利でもあったのである。
      今回は、外交研究家として日米外交史に詳しい加瀬英明氏をお招きし、
      アメリカが日本に戦争を「仕掛けた」事情について解説していただくと共に、
      これらの「史実」を世界に広く発信している『史実を世界に発信する会』の活動内容についても御説明いただいます。

      日本人が知らなければならない太平洋戦争の真実 【日本人よ目覚めよう】: http://youtu.be/lS0u6as6KAM


      【追悼番組】小野田寛郎、帰国してからの「戦い」を振り返る[桜H26/1/22]: http://youtu.be/9xq9BReBqAk


      【青山繁春】 東京裁判の裏でなにがあったのか!真実を語る!: http://youtu.be/g0oz4a8SW_c

      民間シンクタンクの独立総合研究所代表取締役社長でTVのコメンテーターとして活躍している青山繁晴氏が東京裁判の真実を熱く語っています。
      第二次世界大戦で日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた、連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の裁判のことです。

      【KSM】日本はアジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです。
      ­元アムステルダム市長 エドゥアルド・ヴァン・ティン http://youtu.be/MIBLZ3EDLdg

      2014/10/18 に公開
      エドゥアルド・ヴァン・ティン氏がマイクの前で話している画像がアムステルダム市長を­しているころのもの、後の画像は最近のものです。
      ヴァン・ティン(アムステルダム元市長、元内務大臣)
      http://www.soumou.info/page/Nederland/EduardvanThijnサンティン(アムステルダム市長、現内務大臣)

      「あなた方の日本国は先の大戦で負けて、私共のオランダは勝ったのに大敗をしました。
      今日の日本国は世界で一、二位を争う経済大国になりました。
      私達オラ ンダは、その間、屈辱の連続。即ち、勝った筈なのに、貧乏国になってしまいました。
      戦前は「アジア」に大きな植民地(オランダ領東インド(蘭印)=ほぼ現在のインドネシア)が有り、石油等の資源・産物で、本国は栄耀栄華を極めておりました。
      しかし今では、日本の九州と同じ広さの本国だけになってしまいまし た。
      あなた方の日本国は、「アジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない。アジアの諸民族に大変迷惑をかけた」と、自らを蔑み、ぺこぺこと謝罪しています が、これは間違いです。
      あなた方こそ、自らの血を流して、アジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです。
      何故ならば、あなた方の国の 人々は過去の真実の歴史を目隠しされて、先の大戦の目先の事のみを取り上げ、或いは洗脳されて、悪い事をしたと自分で悪者になっていますが、ここで歴史を 振り返って真相を見つめる必要があるでしょう。
      本当は、私共白色人種が悪いのです。百年も二百年も前から、競って武力で東亜諸民族を征服し、自分の領土として勢力下に置いたのです。植民地・属領にされて、永い間奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想を掲げて、大東亜 共栄権樹立という旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。
      本当に悪いのは、侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。
      日本は戦いに敗れま したが、東亜の解放は実現しました。
      即ち、日本軍は戦勝国の全てをアジアから追放して終わったのです。
      その結果、アジア諸民族は各々独立を達成しました。
      日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ、最高の功労者です。
      自分を蔑む事を止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきでありま す。」

      (1985年日本側傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時行われた市長主催の親善パーティの歓迎挨拶、
      (財)日本国防協会理事の浅井啓之氏が1994年3月24日作成)

      エドゥアルト・ヴァン・ティン
      アムステルダム市長で、その後オランダの内務大臣に選ばれたエドゥアルト・ヴァン・ティン(Eduard van Thijn)
      日本は大東亜戦争でアジア諸国を欧米諸国の植民地から開放した功労者!!!
      http://yamatyan369.seesaa.net/article/286756843.html
      オランダ人エドゥアルド・ヴァン・ティン氏の日本人へのメッセージ
      http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1782318.html
      【KSM】欧米の植民地政策と日本は違う。台湾と韓国を一緒にしないでください!金美齢氏
      : http://youtu.be/QRiQuqbm9dE
      | takehariy 鳳龍門 | 資料庫 | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 19:27 | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        282930    
        << June 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + PROFILE
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        伊藤忠商事グループのFX