寿限無のコブろぐ

ブログやるならJUGEM
龍門院
<< このような状況下に危険な場所にいて帰国できないのは自己責任としてあきらめていただくよりないのです。進出企業には考慮願いたいですね。 | main | 恐るべし。メードインチャイナ。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    慰安婦強制連行の証拠は何一つ出てきませんでした。頑張って調べたが何も出てこなかった。残念だ…
    0

      >

      ヨン氏の記事に出てくるIWG(Nazi War Crimes & Japanese Imperial Government Records Interagency Working Group)の調査について、
      日本人は米政府が日本の立場を守るために調査を行ってくれた―と考えるかもしれません。しかし、事実は違います。

      これは抗日華人ロビー団体による圧力の下で行われた調査なのです。
      ナチスと共に日本の戦争犯罪資料を調べれば、慰安婦を強制連行した証拠が出てくるであろうと、
      日本円換算で三十億円以上の巨費を投じて、国防総省、国家安全保障局(NSA)、国務省、移民局、国立公文書管理記録局(NARA)、FBI、CIA、陸軍、海軍など、全米の省庁が垣根を越えて調査を尽くしたのです。

      しかし、慰安婦強制連行の証拠は何一つ出てきませんでした。
      報告書の冒頭には犂萃イ辰督瓦戮燭何も出てこなかった。残念だ…瓩箸い辰深饂櫃痢∈瀛堂攷優蹈咫蔀賃里妨けた記述があります。


      【謀略戦】全面攻勢に出たアメリカ、しかし国内の葛藤は根深く[桜H26/12/25]
      : http://youtu.be/vh6rxWou810 @YouTubeさんから

      中国に苦言を呈する態を採りながら、巧妙に日本に「尖閣棚上げ論」を押しつけ、
      北朝鮮­に対してはサイバー戦でカウンターを喰らわし、ロシアにはエネルギー包囲網で孤立化を­図る。
      上向きつつある経済をバックに全面攻勢に出た観のあるアメリカの、
      しかし国内で­深刻化しつつある人種葛藤など、強面で汚い一面を論評していきます。
      | takehariy 鳳龍門 | 資料庫 | 01:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 01:04 | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << July 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + PROFILE
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        伊藤忠商事グループのFX