寿限無のコブろぐ

ブログやるならJUGEM
龍門院
<< #マスゴミ無用 H26.11.18 消費増税延期 衆院解散 安倍総理会見 政府インターネットTV | main | 年末の一大決戦へ かつてない解散総選挙の重さ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - |
    昭和天皇の靖国ご親拝中止は戦犯合祀が原因でない
    0
       今日は、 皆さんに 『戦をとどめえざりしくちをしさ』 (出雲井晶著、 K&Kブレス)
      という本を配っていただきました。 夏休みに一読してみてください。
      戦を とどめえざりし くちをしさ―無私の聖 昭和天皇 amazon

      毎年八月十五日になると新聞を賑わす問題があります。
      内閣総理大臣や国会議員が靖国神社に参拝するかしないかという話題です。
      参拝したら、 それは 「公的」 か 「私的」 かという議論が沸きます。
      こうした話題は、 三十数年以上も続いていると思います。

      天皇陛下が靖国神社にお参りされなくなったのは、 昭和五十一年からです。
      その理由は、 靖国神社にA級戦犯が合祀されたから、
      天皇陛下はそれを快しと思われず、 お参りしなくなったのだと、 平成十三年頃に朝日新聞が報道しました。
      それがまことしやかに世論として形成されてきましたが、 この事実経過を皆さんにお伝えしたいと思います。

      天皇陛下が靖国神社にご親拝されなくなったのは昭和五十一年からです。
      A級戦犯が靖国神社に合祀されたのは昭和五十三年です。
      参拝されなくなったのが五十一年、 合祀されたのが五十三年です。 そこに二年の開きがあります。
      ですから、 天皇陛下が靖国神社にご親拝されなくなったのは、 A級戦犯の合祀が原因でありません。

      その要因は、当時の三木武夫首相が昭和五十年に靖国神社を参拝した際、
      取材記者に「私的立場で参拝をした」 と発言したことにあります。
      マスコミは、その発言を取り上げ、
      政治家の靖国神社参拝は「私的参拝」か「公的参拝」か、と問うようになりました。
      それまでは、 八月十五日に天皇陛下も、 総理大臣も、 靖国神社を参拝しても
      マスコミが特別に騒ぎ立てることはなかったのです。

      それが、 三木首相の発言で、 眠っている子を起こしてしまったわけです。
      「公的」 と言えば、 憲法の政教分離の原則に反する言い、 侵略戦争だった大東亜戦争を認めるのか、
      という論法でマスコミが叩いていくわけです。 その流れは、 今日まで続いています。

      「私的」 だと言えば、 記帳に肩書きを付けたではないか、 使用した車は公用車で良いのかとか、
      玉串料は個人のお金なのかと追求するようになってしまいました。
      「公的」でも「私的」でも八月十五日に政治家が靖国神社へ参拝すると騒がれるようになってしまったのです。
      今では、内閣総理大臣が参拝すると
      、中国、韓国からも侵略戦争を認めるのかと、クレームが付いてくる程です。 内政干渉も良いところです。

      つまり、 三木首相が昭和五十年に「私的参拝だ」と言ったことがマスコミに取り上げられ、
      国会でもそれが与野党の議論になってしまい、
      天皇陛下は、翌年の昭和五十一年から八月十五日の靖国神社ご親拝を控えるようになったのです。
      しかし、春秋の例大祭には、勅使の参向を続けられ、ご親拝の礼を尽くしているのですよ。
      今でもそうです。

      だから昭和五十三年にA級戦犯を合祀したことによってご親拝されなくなったというのは、
      全くの誤解です。 年月日が合いませんから。

      戦犯の問題は 国内法でもサンフランシスコ講和条約に基づいた戦犯赦免の手続きで、
      日本に戦犯はいないことになっています。

      今は、 この事実関係が曖昧にされたままで戦犯問題がマスコミに取り上げられていますから、
      おかしな議論がまかり通ってしまっているのです。

      A級戦犯が祀られた時、昭和天皇は、それを快しと思わなかったということを、
      侍従だった冨田メモがそのまま新聞に報道されてから、 特に騒いでいます。
      しかし、昭和二十年八月、終戦を迎えた後、 天皇陛下はマッカーサー元帥を訪ね、
      「先の戦争の全ての責任は私にある。 殺すのであれば私を殺せ」 と仰られています。
      その時、 マッカーサーは、 天皇が命乞いに来たと思っていましたから、
      その逆だったことに 「われ神を見たり」と感激し、天皇擁護論者に変容したという経緯があります。

      東条英機に対して昭和天皇は、GHQに逮捕された後「元来、 東条と云う人物は、 話せばよく判る。
      東条は一生懸命仕事をやるし、 平素云っていることも思慮周密でなかなか良いところがあった」
      「私は東条に対して同情している」 ( 『昭和天皇独白録』) と発言されていますし、
      昭和二十年十二月七日、 東京裁判でA級戦犯として逮捕状が出た木戸内大臣についても、
      「米国より見れば犯罪者ならんも、我が国にとりては功労者なり」『木戸幸一日記』と仰っているそうです。
      それを、 どうして 「A級戦犯と称された人達を快しと思っていなかった」 と解釈できるのでしょうか。
      矛盾していると思います。

      捏造された情報が世論として日本を走り、 ことの真実が密閉されていると、 私は思っています。
      政治的意図です。 許し難いことです。

      しかも靖国神社へのA級戦犯の合祀は、昭和天皇のご了解のもとに行われています。
      それを「名簿を見せたら、 天皇はえらく不機嫌で、 横を向いた」などというのは、
      あまりにも事実と違いすぎるようです。

      平成十七年八月九日付産経新聞・正論 「ご親拝中止は戦犯合祀が原因」 の虚構。
      日本大学教授・百地章参照 http://www.ne.jp/asahi/voc/j/seiron050809.htm

      皆さんは、 これらのことを正しく理解してください。
      今、 私が言ったことは、 まだ正論として世論になっていません。 しかし、 これが真実です。
      そのことを、 今日は皆さんに理解して欲しいと思って話させていただきました。

      八月十五日前後には、 マスメディアに靖国神社問題がまた賑わすでしょうから、
      今日の私の話しを判断基準にして新聞やテレビに注目してください。
      http://shofujuk.cside8.com/20sosin/025.html
      「靖国合祀デマと読売批判」

      デマ報道:読売が平成26年11月6日付の朝刊で靖国合祀問題の記事を特集した。
      主な内容は、天皇陛下のご親拝がA類殉難者の合祀で中断しているというデマの繰り返しだ。
      これは要するに天皇陛下のお名前を利用した大東亜戦争の否定と安倍首相の靖国参拝を妨害する反日記事だ。

      読売がこの問題を今取り上げたのは、来週の日中首脳会談を控えた安倍首相にたいする威嚇であろう。
      これでは完全に中共の手先だ。読売ならぬ、国売り新聞だ。

      時系列の誤り:このデマの虚構性は史実の時系列が反対なのですぐに分かる。
      すなわち、それまで続いていた天皇陛下のご親拝が三木内閣に妨害されたのは1976年からである。
      これに対して合祀はその2年後の1978年である。
      したがって合祀があったから親拝がやんだという論理が成立しない。小学生でもわかる。

      手続きの誤り 英霊の靖国合祀は一宮司が勝手に決められることなのだろうか。そうではない。
      神道の最高位の神官である天皇陛下のご裁可によって決められている。
      これはカトリックの聖人をローマ教皇だけが決定するのと似ている。
      だから英霊が昭和天皇のご意思に反して合祀されるということは手続き上からもありえない。

      事実の誤り 昭和天皇はなぜ靖国神社の御参拝を中断されたのだろうか。
      1975年まではご親拝されている。そして中断後も勅使を派遣されており、皇族も参拝されている。
      だからご親拝ができないのは日本政府が妨害しているからだ。
      英霊と天皇陛下に対して実に畏れ多いことである。

      挿話紹介 故東條由布子氏によれば昭和天皇は生前東條家には毎年命日に生花をご下賜されていた。
      殉難者遺族一同はこれを昭和天皇の殉難者への感謝、顕彰、慰霊のお気持ちと理解していたという。
      昭和天皇が殉難者を忌避していたということはあり得ない。それどころか正反対である。

      富田メモは田中上奏文 

      読売は得体のしれない富田長官謀略メモを検証もせずに引用しているが不見識だ。
      これは合成写真だけで本物がない現代の田中上奏文だ。
      まして内容は時系列が反対だからもし本当なら富田長官は認知症だったということになる。

      中共の狙い:

      中共は本来共産主義者で無神論だから日本人の神社参拝などどうでもよい。
      彼らの靖国参拝妨害の狙いは、日本人に共同体の戦死者を祭らせないことにある。
      というのはどんな国でも共同体の殉国者を祭る。そうしないと国民国家としての共同体が崩壊するからだ。
      無神論の中共でさえ共産軍の戦死者を馬鹿でかいコンクリートの柱を建設して祭っている。
      だからもし日本が戦死者の顕彰を止めれば日本社会は崩壊し、中共は簡単に日本を征服できる。
      したがって日本人にとって靖国参拝妨害は絶対に受け入れことができないのである。
      これは参拝問題妨害の形をとっているが、実質は日本の独立を脅かす中共の対日戦争なのだ。

      二重のデマ:

      この合祀デマ工作は、A類殉難者を非難しているだけでなく、
      実は同時に殉国の英霊を否定したとして昭和天皇を非難する二重の狙いをもつプロパガンダである。
      日本人は要注意だ。

      A類殉難者とは 

      日本が大東亜戦争で敗北すると、
      米英ソ連支那蘭仏は日本軍人などを捕らえ、軍事裁判で無実の彼らを大量処刑した。
      しかしこの敵の軍事裁判が出鱈目であることは原爆無罪、ソ連無罪、白人全員無罪で明らかだ。

      なおABCは、Aは政治家、Bは将軍、Cは軍人という職務区分であり刑の重さではない。
      実際B、C類の日本人は1千名近くも処刑されている。

      国民の戦犯否定:

      この不当な日本人への迫害に対して、日本国民は1952年の独立後、4千万の署名を集めて、
      国会決議を行い冤罪の同胞を釈放し不当に奪われた名誉を回復した。
      マキャベッリは「本来敵に強制されて結ばされた国際条約は守る義務はなく、
      また力関係が変われば実際守られなくなる」と記している。
      だから我々は「戦犯」用語も概念も否定してよいし、また否定しなければいけないのだ。
      実際A類で捕らわれた岸信介は独立後総理大臣にまでなり、米国から歓迎されている。

      戦後マスコミの出自のいかがわしさ 

      読売が大東亜戦争の殉難者を目の敵にするのはなぜだろうか。
      国民が国会決議で名誉を回復したのに、いまだに戦犯という民族差別語を使い国民を侮辱する。
      そして天皇陛下の参拝は日本人は敬意をもって「ご親拝」と呼ぶのに
      ただの参拝として天皇陛下に敵意を示さない。日本政府のことを「国」と呼び捨てにする。
      日本国はお国と言って日本人にとってこの上なく尊いものだ。これらは到底日本人の価値観ではない。

      そこで日本の反日メディアの出自を調べると、彼らは占領中にGHQによって作られた、
      いうなれば敵のタネであることがわかる。
      今年日本政府が慰安婦の強制連行説に疑義を呈すると
      日本のマスコミは米国大使館にかけこみ泣きついたが
      この行為は出生の秘密を暴露したのと同然である。
      そしてこの反日性と無国籍性が、米軍の撤退後、今度は旧ソ連、中共や朝鮮に利用されてきたのである。
      NHKも朝日も読売も、皆外国のマスコミであり日本のマスコミではないのだ。

      確信犯の読売:

      この記事で読売は年表をつけているが、
      重大な天皇陛下のご親拝停止年である1976年を独立して表記していない。
      それより前の1952年の項にご親拝期間として( -1975まで)と小さく示しているだけだ。
      これは読者が読売の主張の矛盾に気づきにくくする小細工である。
      それでも苦情が出ると書いてあるといって逃げるつもりだ。
      実に姑息でありこれは積極的にお客様をだまそうとしている裏切り行為である。
      そして国家的に見ると中共に与する反日確信犯だ。朝日に続いて読売よ、お前もか、である。
      読売も朝日も反日売国では同じ穴のムジナなのだ。

      マスコミへの教訓 

      インターネットの時代は、マスコミは読者に嘘や小細工が通じない時代と知るべきである。
      それどころかマスコミは読者を恐れるべきである。日本人は知的なレベルが高い。
      記者よりも高い見識を持つ日本人は沢山いる。そして社会の指導的な階層を対象にした強い発信力がある。
      朝日紙の謝罪は日本マスコミにとり一罰百戒になったかと思ったが、読売を見るとまだまだ懲りていない。

      我々はこれら非国民マスコミを一層厳しく監視し、不正記事には即時厳重抗議し、
      責任を取らないなら不買により廃業に追い込むべきである。
      これは危機の時代の日本人の正当な情報自衛権の発動である。
      (東海子)
       
      | takehariy 鳳龍門 | 資料庫 | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 05:03 | - | - | - |









        トラックバック機能は終了しました。
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        << February 2020 >>
        + SELECTED ENTRIES
        + PROFILE
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        伊藤忠商事グループのFX